「ミドルウェア」という言葉について質問があったので回答します。

ミドルウェアはゲーム開発におけるライブラリ(ゼロから組まなくてもあらかじめ準備されていてプログラムから使う事ができる)の一種です。

ゲームにおける代表的なミドルウェアは、例えばCRI・ミドルウェアという会社が出しているサウンドデータを圧縮、利用時に素早く再生するもの、動画再生などのミドルウェアがあります。

CRI・ミドルウェアのページ
http://www.cri-mw.co.jp/

それから複数のプラットフォーム間の差異を吸収する(例えば3Dの表示関連はプラットフォームによって使い方が異なるが、ミドルウェア(中間にあるソフトウェア)を使う事で複数のプラットフォームで動作するプログラムを書きやすくするような事が可能です。

ゲーム業界に限らず、もともとのOSやメーカーが提供するSDK(Software Development Kit=ソフト開発キット)では不十分だけど、どのアプリケーションでも共通に使う少し複雑目のライブラリの集合の事を一般にミドルウェアと呼ぶという認識でいます。一つのアプリケーションのみでしか使われない専用のライブラリの事はミドルウェアとは一般的には呼ばれず、多くの場合、汎用的に使われる事を前提にしている事が多いです。

Wikipedia の「ミドルウェア」の項目も参照してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です