5/26(土)のゲームクリエイター特訓の中で皆さんにグループに分かれてゲームをどう改良したらよいのかの話し合いをしていただき、アイデアを出して頂きましたが、チームカキザワの柿澤さんが、そのアイデアを実装してみたそうです。

http://play-app-lab.main.jp/data/GC0519/ti-mu_k/ti-mu_k.html

アイデアを思いついたら実装してみたくなりますね。

実際に実装してみたらどうだったのか、という事が実は大切です。

他のチームの方にプレイしてもらってフィードバックをもらうという事を最初にやってみましょう。

 

 

4 Responses to ゲームクリエイター特訓:チームカキザワでの改造案を実装してみたようです

  1. 柿澤 より:

    以前のバリアに改造したときもそうでしたが、私、カキザワです。ザキではありません。修正お願いします。

  2. nakamura より:

    大変申し訳ないです。修正をしておきました。
    何故間違えたのか謎です。

  3. 進藤健吾 より:

    敵にライフをつけたり、動きを変えたりするだけで、単調だったのがかなりやりごたえのあるものになっていました。

  4. 小泉 より:

    広範囲攻撃や爆発の連鎖で大量の敵を一度で蹴散らせるなど、爽快感が増えていていいと思いました。
    背景が追加されただけでも単調だった画面が華やかになった気がします。

    何度かプレイさせていただき気になった点として
    ・選択している武器と残弾数が小さくて若干わかりにくい
    ・アイテムで無敵になった時のエフェクトがダメージを受けた時のものと同じ
    ・赤い敵が攻撃を受けた時にワープしてなんか腹立つ
    などのことを感じました。
    無敵エフェクトは音がついていない分もっと派手にしても問題無いと思います。それこそスーパー○イヤ人ぐらいに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です